スキンシップで好意が読み切れない理由

スキンシップで好意が読み切れない理由

仲良くなった女の子のスキンシップが多いとついつい期待してしまいますよね。

 

例えばわざわざ近くまで来て話しかけて来られたりしたら

 

「この子、もしかして俺に気があるのかも♪」

 

なんて思ってしまいがちですよね^^

 

会話の時に顔の距離が近かったりしたらかなりの期待を抱いてしまうのではないでしょうか。
また恋愛系の雑誌記事にもスキンシップが多いというのは脈ありサインと書かれていますよね。

 

確かにこれは正しいです。

 

実際そういうスキンシップでアピールしてくる女の子もいます。

 

スキンシップで好意が読み切れない理由

 

ですが!!

 

そこで自分に好意があると判断するのはちょっと早いんです。
この段階で判断しなければいけないことがあるんですね。

 

スキンシップでまず判断しなければならないこと

 

それはその女の子のコミュニケーションでは当たり前のことか?です。

 

ここに注意をして相手の好意を読み取らなければいけません。
一見、当たり前のように見えますが期待できるようなスキンシップをされてしまうと嬉しくなり、ついつい舞い上がってしまって出来ていない人が意外と多いです。
なので、期待して告白して撃沈というパターンにハマってしまいます。

女の子によっては、例えば

女の子によっては、例えば

 

・ボディタッチがやたらと多い
・誰にでも関節キスをする
・抱きついてくる
・誰とでも手をつなぐ
・ちょっともたれかかる

 

などがその女の子のコミュニケーションで当たり前のスキンシップだったら好意はまだ判断できないんですね。
ある程度仲良くなった男性には思わせぶりなスキンシップをしてしまう女の子がいるという事を頭に入れておいてください。
女の子であってもセフレを作ったりする子がいるくらいですからスキンシップが強いからといってそれが好きというアピールではないという事が多々ありますので^^;

 

スキンシップで好意が読み切れない理由

 

 

ですので、その女の子が普段仲良くなった男性にはどこまでのスキンシップをしているのか?という所をよく見るようにしてください。
ちなみに、キャバクラなどに行ったことのある方は分かると思うのですがキャバ嬢たちは密着営業といって

 

・男性の太ももに手を添える
・ピタッとくつく
・もたれかかる

 

などのスキンシップを意図的にやってたりします。

 

そして「俺に気があるかも」と思わせ指名や同伴を狙っています。
キャバ嬢たちは「仕事」でやっているのですが女の子慣れしていない男性ほどハマってしまいます。
ですが「仕事」ですから普段から誰にでもやっていますよね^^;

 

スキンシップが多いからと言って過度な期待は持たず、冷静に普段のその子のコミュニケーションがどんなものか見極める目を鍛えてください。
そして他の男性より明らかに違う強いスキンシップだったら脈ありと判断していいでしょう。

 

お気に入り

えがおの青汁 青汁満菜(アオジルマンサイ)を飲んでます《口コミ》,有職、子なし既婚、現在38歳の管理人マドラスが、40歳までにやっておくべきことを一つ一つ実践した体験談。
相性の良い理想的な青汁を見つける為にも、ぜひ、参考にしながら製品選びにチャレンジしてみてください! 極の青汁の口コミ. 極の青汁は、熊本県産の大麦若葉や屋久島産の明日葉をメインの原材料にしている製品。→えがおの青汁満菜の口コミ.